日立市の歯医者さん 金澤歯科クリニック − 装着感抜群の入れ歯・義歯を製作します。入れ歯の痛み、違和感でお困りの方はお気軽にご相談ください。

茨城県日立市の歯医者さん 金澤歯科クリニックです
茨城大学正門前 アクセスマップはこちらから!

ネット相談
ネット予約
リンク
HOMEへ戻る
スマホ・携帯 両対応!
歯科衛生士さん、歯科助手さん,TC(トリートメントコーディネーター)さん募集中!
▼休止! 上のネット予約をご利用ください
ネット予約

入れ歯

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった方・・・入れ歯の違和感や痛みなどでお困りの方・・・

 当歯科医院では、患者様のカウンセリングから精密検査まで丁寧に行い、最良の入れ歯を製作しております。また、現在ご利用中の入れ歯の修理や使用感向上のための調整もおこなっております。

 入れ歯でお悩みの患者様は大勢おられますが、入れ歯の良し悪しで日々の生活が一変します。

 健康のためにも「こんなもんだろう」で納得せず、困っていることがあったら何でもお気軽にご相談ください。

あなたにあった入れ歯選びが大切です。

入れ歯が目立つ…、人前で口元を気にせずに笑いたい! 部分入れ歯ノンクラスプ義歯対応中!

 入れ歯には、総入れ歯・部分入れ歯などさまざまな種類があります。また、保険適用の入れ歯と自費による入れ歯があり治療費も種類により異なってきます。

保険適用の入れ歯

 基本的にレジン(プラスチック)を使用した入れ歯です。

 保険適用の入れ歯は治療費が安く経済的ですが、食べる・話すなど日常生活における機能の回復が目的なので、見た目や自然な使用感はあまり期待できません。

部分入れ歯

部分入れ歯  安定した他の歯に針金のバネで固定する入れ歯で、1本から可能です。

 手術が必要となるインプラントや、健康な歯を削って固定するブリッジによる治療をしたくない方には部分入れ歯を行います。

■メリット■
 経済的
 手術が必要ない
 他の歯を削らない
■デメリット■
 針金の違和感がある
 長期間使用すると変色する
 針金が目立ってしまう
 食事がしにくい

総入れ歯

総入れ歯 総入れ歯
 レジン(プラスチック)製で厚みのある入れ歯です。

 右は上顎の金属床の入れ歯との比較モデルですが厚みの違いがよくわかります。

■メリット■
 経済的
■デメリット■
 大きく厚みがある
 大きいので違和感がある
 たわみやすく割れやすい
 汚れなどが付きやすい
 食事がしにくい
 なんといっても、保険の入れ歯の最大の魅力は経済的ということです。
 入れ歯が大きいことで生理的に合わないという患者様もいますが、患者様・技工師・歯科医師がしっかりコミュニケーションをとり協力して作れば良い入れ歯の提供は可能だと考えています。

 保険の入れ歯・自費の入れ歯、材質の問題などわかりにくく、疑問や質問があると思いますので、お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

自費診療による入れ歯

 保険の入れ歯に比べ機能性だけでなく審美性や快適性も望むのであれば、自費の入れ歯がお勧めです。自費の入れ歯には目的に応じさまざまな種類の入れ歯があります。

 当歯科医院では、患者様が今かかえている問題や状況をお聞きし、もっとも適切な入れ歯をご提案しております。

 自費の入れ歯は、良い材料を使い、印象技術(かた取り)や設計、金属の加工などあらゆる技術を屈指して作る超精密な入れ歯です。

パーシャルデンチャー

パーシャルデンチャー  より薄く違和感を少なくするために強度のある金属を使用した部分入れ歯です。
材料となる金属にはコバルトクロム合金を用い、人工歯の素材は選ぶことができます。

■メリット■
 安定感がある
 薄いので違和感がなく快適
 薄いのできれいな発音がしやすい
 汚れが付きにくく衛生的
 歯の材質を選ぶことができる
■デメリット■
 自費診療なので高額

マグネットアタッチメント義歯

マグネットアタッチメント義歯  支えとなる歯に金属(磁性金属)、入れ歯側に超小型磁石を組み込んだ入れ歯です。超強力な磁力でガタつかず、ピッタリ密着する快適な入れ歯です。

マグネットアタッチメント義歯
 組み合わせは自在で、写真は金属床の部分入れ歯と組み合わせたものです。口を開けたときに目立つ針金のない入れ歯もできます。

■メリット■
 磁力の力で高い安定感
 簡単に装着・取り外しができる
 土台の歯が長持ちする
 バネを使わない入れ歯ができる
 歯の材質を選ぶことができる
■デメリット■
 自費診療なので高額

金属床義歯

原料:コバルトクロム
 より薄く、よりコンパクトに! 違和感をできるだけ少なくするために強度のある金属をフレームに使用した入れ歯です。

 金属は熱伝導率にも優れているので、熱い・冷たいがすぐに伝わりより美味しい食事を楽しむことができます。
 また、金属のフレームは修理や増歯などの調整も容易で、長期間使用できるコストパフォーマンスに優れた入れ歯です。

 材料となる金属にはコバルトクロムやチタン・白金加金があり、お口の状態や体質によってお選び頂けます。

■メリット■
 安定感がある
 薄いので違和感がなく快適
 薄いのできれいな発音がしやすい
 汚れが付きにくく衛生的
 フレームの金属を選ぶことができる
 歯の材質を選ぶことができる
■デメリット■
 自費診療なので高額

金属の種類と特徴

コバルトクロム合金

 金属床義歯では永く用いられてきたもっとも一般的な金属です。
 ジェットエンジンの部品にも使われる耐久性のある丈夫な金属でありながら、しなやかさを併せ持ち、精度の高い入れ歯に適しています生体親和性がやや低く金属アレルギーの方には向かないことがあります。

チタン合金

 近年普及し始めた金属で、生体親和性に優れ人工関節やインプラント(人工歯根)などでも利用されている身体にやさしい金属です。
 強度もあり腐食にも強いので衛生的で金属アレルギーの方にもお勧めです。
 製造技術の難しい純チタンによる入れ歯もあります。

白金加金合金

 加工しやすく腐食に強く生体親和性を持った金の特性と、強度の高いプラチナの特性をもった合金です。
 精密に加工できるのでピッタリ感があり、金属アレルギーの心配のない身体にやさしい入れ歯が製作できます。

日立市 金澤歯科クリニック 〒316-0034 茨城県日立市東成沢町3丁目17−6 電話番号 0294-33-0118
(C) 2006-2018 Kanazawa Dental Clinic.